FUJINON MK 18-55mm T2.9を1ヶ月使ってみてレビュー

ここ数年でだいぶ盛り上がりを見せている低コストシネレンズ市場
その中でもちょっと意外な感じで登場したFUJINON MK 18-55mm T2.9ですが、1ヶ月ほどデモ機をお借りする事が出来ましたので使ってみた感想などを。

まずSpecのおさらいですが:
Zoom比: 3x (使いやすいレンジ)
close focus: 2’9” macro 1’2.9” (マクロまで入れるとだいぶ使いやすい でも”マクロ”じゃない)
Sensor size: 24.84mm x 13.97 (Super35/APS-C専用)
Iris: 9 blade aperture (よい円形)
Filter: 82mm (丸形フィルターが使えるのは何かと便利)
前枠径: 85mm (?)
E-mount専用 (Xマウントも出るらしいが…?)
980g (軽くて助かる)

ほんと使いやすくてお値段もお手頃
Eマウントの標準ズームレンズは今まで我慢して24-70 F2.8 GMを使ってましたが、コレに換えたい!
Sonyの純正Eマウントレンズのby wireスカスカフォーカスには動画屋さんとしては耐えられないんです!
個人的にはお手頃価格帯シネズームレンズだとZeiss 21-100mm T2.9-3.9 LWZ.3がオススメなんですがね^^; これは好みと価格で好きに選んでもらえればいいかなと。
どのレンズもそうですが、一度借りて使ってみる事をオススメしますm(_ _)m

とにかく昨今の低価格帯シネレンズブームはビデオグラファーの人達にとってはチョイスが多くなって福音ですね✨️

Share

Panasonic GH5やいかに!? 開封動画

待ちに待った… 人も多いはず。
遂にあのカメラの発売日
そうPanasonic GH5

ちょっとゴツクそして重くなってお高くなって出てきましたよ。
アマもプロも待って人も多いだろうね。
https://www.amazon.co.jp/Panasonic-ミラーレス一眼カメラ-ルミックス-ブラック-DC-GH5-K/dp/B01NAWQJ8E/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1490360748&sr=8-1&keywords=GH5

ということで早速届いたカメラの開封だけしてみました。
相変わらず細かい事は話してませんが画質や使い勝手は追々検証していこうと思います。

Share

FUJINON MK 18-55mm T2.9の衝撃

昨年から続く低価格シネレンズブーム
「シネレンズなんて高くて個人では買えません💸」というのは過去の話
Zeiss Angenieux Sigma Tokina Canon Samyangと各社がZoomレンズでも1本40−100万円 単焦点だと1本20-40万円という低価格でレンタル用レンズというより個人/オーナーオペレーターの持ちレンズとして期待するレンズが続々と発表・発売されてますよ〜

今年に入ってCP+直前にFUJINONからも新しい低価格シネレンズが!
その名もFUJINON Cine Lens MK 18-55mm T2.9/MK 50-135mm T2.9

先日半蔵門にあるProGear半蔵門にてメーカー主催のTouch and Try的なイベントがあったので行ってきました。
https://www.system5.jp/products/detail83143.html
まずは18-55mmが先行して発売されるようで、同サイズ・同重量の50-135mmは2017年夏予定しているとの事でした。

このレンズ何が驚愕って、とにかく小さくて軽い!
Emount専用、Super35(APS-C)専用と言っても従来のシネZoomレンズとしてはビックリするぐらい!私が個人使用しているCanon 70-200mmのズームレンズよりも小さくて軽いんじゃないかな。デモ機をお借りできそうなのでもし機会があればその辺レビューしていこうと思います。

10−20分程会場で試しただけなので画質についてはあまり詳しい事は言えませんが、シネレンズ特有のParFocalでBreathingの(ほぼ)無いシャープな画を写していたと思います。第一印象としては他のFujinonレンズと同じ傾向の画作りかな〜、ってな感じです。

親指から小指に収まっちゃうサイズ感

それでいてマニュアルのアイリス・ズーム・フォーカスの3本リングはある程度の重みがあって使いやすそうでした。(TV系B4レンズに慣れている人にはちょっと重いと感じる意見もあったそうです)

あの軽さを実現させる為に3本リング以外はプラスチック使用でしたがそれはそれで使い方次第かなという感じでした。この辺は個人の好みも入ってくるので実際に触ってみてから判断されるのが良いでしょう。小さい・軽いと言ってもMirrorlessカメラと合わせるとバランスが悪そうですのでこの辺も個々人で試してみてからね。

今のところEmount専用ということでSony FS5やFS7のユーザーがターゲットのようですが、今後FujifilmのXmountにも対応するそうです(X-T2で使うってことか?💦)。

Fujinonレンズと言えばこれまで良質のZoomレンズを沢山世に送り出してきた過去もありますので、この価格帯でもラインナップが多くなってくれば「使ってみたい」という人も多いのではないでしょうか。

Share

やっぱり小さいのは正義 IDX DUO-C95

カメラは何で動く?
そう、電気です!
ではロケに出て何でカメラを動かす?
そう、バッテリーです!
バッテリーを長持ちさせたいんですが!?
じゃ〜バッテリー大きくしましょう!

そんなことしたらカメラ重くなっちゃうじゃないですか〜❗️

っていうのが今まででしたが、先日購入したIDX DUO-C95が早速役立ってくれました。
ロケへ持ち出すのも軽くて便利だしバッグの中でかさばらない、カメラに取り付けたら小さくて運用が楽。
もちろん93Whというのが容量として十分か!?という問題は残りますがそれでも今までのV-mountバッテリーに比べれば容量・重量・サイズの面で十分役に立ってくれてます。

山中ロケでの一コマ

今までのDUOバッテリーを下取りに出してもうちょっとDUO-C増やそうかな〜

Share

そろそろ確定申告の季節

Yayoi Onlineが便利です
ワタシは確定申告を初めて2年目ぐらいから使い始めましたが、未だに確定申告の細かい事はま〜ったく分かりません💦
最初は白色、そして今は青色を有料で使ってます💸
このサービスのおかげで生き延びてます🙏
これがなかったら昨年も確定申告を乗り越えられませんでした💦

使い方は至ってシンプル
とにかく現金を使ったりカードで買い物したらじゃんじゃん記帳していけばOK
項目を何選んだらいいか全然分からな〜い!という問題にもぶち当たりますがそれでも猪突猛進打ち込んでいけば勝手に確定申告用のフォームにしてくれるので、考えるよりもとにかく打ち込め!という神ソフト💻

身内の税理士に言わせると通常の弥生会計ソフトに比べ出来ない機能も多いらしく「不便だ!」とのことです
でもワタシのようなフリーランスにはこれぐらいが丁度良くもあります

今年は税務署には行かずオンラインでの申告に挑戦しますm(_ _)m

Share