Cartoni SDSという三脚

少し前になりますが三脚の脚を新調しました。
三脚というと通常カメラを載せる雲台と脚部分を併せて「三脚」と呼びますが今回は脚のみです

イタリアはローマに本拠地を置く “Cartoni” という会社のT628/2Cという三脚

この脚が非常に秀逸
2017年のNABで発表されていたのを発見して以来ずっど動向を探っていたのですが今年のIBC辺りから出荷が始まったようで早速海外から取り寄せてみたところ、、、

最高です❗️

私が買ったのはT628/2Cというカーボンファイバー製の脚です。
他にもアルミ製のT628/2というモデルもあります。
100mm ball用の脚ですが最近になって75mm用も出荷されているようです。

動画で確認してもらえば分かりますがいろいろと痒いところに手が届く作りになっていて、三脚の脚の部分に関しては今まで現場でイラッとする事が多かった自分にとっては非常にスムースに運用が出来て心の平和が保たれる!

  • Lock 1つで脚の上部下部の伸び縮みが出来る(S社のSpeedLockとほぼ同じ機構)
  • Smart LockというMid Spreaderの伸縮が楽/早い
  • Spreaderに繋がる紐を引くだけで三脚が畳める
  • 持ち手が付いているので持ち運びも楽
  • S社の同等品より若干軽く若干お安い💸

文字にしてみるとなんてことない改良/改善のようですがこれが少しずつ重なってストレスになっていくのが撮影仕事というもの。

脚の伸び縮み スプレッダーの伸び縮みに費やされるエナジーが短縮されただけでだいぶ楽になりました。特にMid Spreaderのボタンを押したりネジを緩めたりしなくても縮む機構は秀逸なのでこの三脚を検討中の人には併せてお勧めしたいですね。

ただ残念なのはCartoniを取り扱っている代理店はあるものの、特殊機材 通称 特機 の扱いだけで三脚を輸入していないこと。
そんなこんなで自己責任になりますが海外から個人輸入するしか入手の手段がないところが残念なところです。

Share

FUJINON MK 18-55mm T2.9を1ヶ月使ってみてレビュー

ここ数年でだいぶ盛り上がりを見せている低コストシネレンズ市場
その中でもちょっと意外な感じで登場したFUJINON MK 18-55mm T2.9ですが、1ヶ月ほどデモ機をお借りする事が出来ましたので使ってみた感想などを。

まずSpecのおさらいですが:
Zoom比: 3x (使いやすいレンジ)
close focus: 2’9” macro 1’2.9” (マクロまで入れるとだいぶ使いやすい でも”マクロ”じゃない)
Sensor size: 24.84mm x 13.97 (Super35/APS-C専用)
Iris: 9 blade aperture (よい円形)
Filter: 82mm (丸形フィルターが使えるのは何かと便利)
前枠径: 85mm (?)
E-mount専用 (Xマウントも出るらしいが…?)
980g (軽くて助かる)

ほんと使いやすくてお値段もお手頃
Eマウントの標準ズームレンズは今まで我慢して24-70 F2.8 GMを使ってましたが、コレに換えたい!
Sonyの純正Eマウントレンズのby wireスカスカフォーカスには動画屋さんとしては耐えられないんです!
個人的にはお手頃価格帯シネズームレンズだとZeiss 21-100mm T2.9-3.9 LWZ.3がオススメなんですがね^^; これは好みと価格で好きに選んでもらえればいいかなと。
どのレンズもそうですが、一度借りて使ってみる事をオススメしますm(_ _)m

とにかく昨今の低価格帯シネレンズブームはビデオグラファーの人達にとってはチョイスが多くなって福音ですね✨️

Share

Panasonic GH5やいかに!? 開封動画

待ちに待った… 人も多いはず。
遂にあのカメラの発売日
そうPanasonic GH5

ちょっとゴツクそして重くなってお高くなって出てきましたよ。
アマもプロも待って人も多いだろうね。
https://www.amazon.co.jp/Panasonic-ミラーレス一眼カメラ-ルミックス-ブラック-DC-GH5-K/dp/B01NAWQJ8E/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1490360748&sr=8-1&keywords=GH5

ということで早速届いたカメラの開封だけしてみました。
相変わらず細かい事は話してませんが画質や使い勝手は追々検証していこうと思います。

Share

やっぱり小さいのは正義 IDX DUO-C95

カメラは何で動く?
そう、電気です!
ではロケに出て何でカメラを動かす?
そう、バッテリーです!
バッテリーを長持ちさせたいんですが!?
じゃ〜バッテリー大きくしましょう!

そんなことしたらカメラ重くなっちゃうじゃないですか〜❗️

っていうのが今まででしたが、先日購入したIDX DUO-C95が早速役立ってくれました。
ロケへ持ち出すのも軽くて便利だしバッグの中でかさばらない、カメラに取り付けたら小さくて運用が楽。
もちろん93Whというのが容量として十分か!?という問題は残りますがそれでも今までのV-mountバッテリーに比べれば容量・重量・サイズの面で十分役に立ってくれてます。

山中ロケでの一コマ

今までのDUOバッテリーを下取りに出してもうちょっとDUO-C増やそうかな〜

Share

バッテリーは地味に大切だ IDX DUO-C95

三脚の次に意外と軽んじられている物
そう、それがバッテリーです⚡️
バッテリー一つでカメラ(その他周辺機器)のもちも良くなるし、昨今は他にも付加価値を付けたバッテリーという物も多々あるんですが、以外と「高い💸」って感じちゃう不思議な存在なんですよね。

丁度年度末も近づき世界一大きい放送機器展NABの足音も聞こえ始めた昨今、昨年のNABだったかで発表になってずっと「欲しいなぁ、買おうかなぁ」と思っていたバッテリーがキャンペーンセールをやっていたので1セット購入してみました。

その名も”IDX DUO-C95” 購入はこちらから

以前からIDXのDUOシリーズは愛用していてたのですが、昨年発売が始まったC95とC190は容量が増えて機能・重量はそのまま、その上C95は薄型になるという。

まずはSpecのおさらい *太字は旧型との違い
・容量: 93Wh (14.4V 6.4Ah) 2Wh増えました
・最大出力: 70W/6.3A 6W減ってます
・外形寸法: 97(横)×146(縦)×39(厚み)mm だいぶ薄くなりました
・質量: 約620g 100g程減った?

DUOシリーズの最大の売りはなんといってもバッテリー自体にDタップが2つ+USBが付いている事。これでメインのカメラ以外にもモニターとかiPhoneなんかも運用・チャージが出来ちゃうという優れもの。

もちろんバッテリー残量チェック用のLEDもサイドにございます
この青いDtapの端子なんだ!?
というとこれもこの世代からの新しい機能の一つ!
なんとDtapで充電しちゃいましょう!っていうなんとも素敵なDtap Advanced

中央にピンが一つ増えてここを使って新しい充電器でチャージします

こんな感じでお手軽Vマウント運用が出来ちゃうという
ただ従来の充電器に比べだいぶ充電にかかる時間が長そうなので大量にバッテリーを消費するような現場の時は2連・4連のチャージャーを使いましょう⚡️

以前のDUO-95とのサイズ比較

正面からだとわかりづらいのでサイドから

大体厚みが以前の2/3ぐらいになってロケなんかに持っていくには非常に助かる。

ホント小さな事ですが容量(ほぼ)そのままでサイズがこれだけ小さくなった事がこのバッテリーの最大の魅力なんじゃないでしょうか。
充電器と合わせると相当小さなパッケージになるので今まで躊躇っていたVマウント運用もだいぶ気軽になりました。
Director’s MonitorとかSound Recorderとか大きいバッテリーを付けて使うのが嫌だったのでその辺でも活躍してくれそうなこのDUO-C95バッテリーに今後期待です!

Share